FC2ブログ

日本語のかぞえかたは難しい。




平成最後のブログは、本の紹介です。


kazoekata 1 


ただしい、かぞえかたの絵本。

編・著 WILLこども知育研究所

絵 すみもと ななみ


この絵本は、日本語の色々な数の数え方を、可愛い絵と共に教えてくれています。クイズになっていたり、お子さまと一緒に読みながら楽しく学ぶことも出来ます。


kazoekata 3 

ご存知のようにえんぴつは、ほんぽんぼんと、その数によって数え方がかわりますね。

kazoekata 2 



スイカだったら、切る前はタマ。切ったら○○切れ



kazoekata 4


生き物に於いては、人間より大きい動物は○○頭、小さければ。また、珍しいものや、人の役に立っている物も○○頭と数えるそうです。


魚では、尾がついている魚やエビは。大きな魚や細長い魚はぽん。ひらめなど平たい魚はまい。

等々...読んでいると「へえ~」と思うことが、たくさんありました。


 

kazoekata 5 


日本語の数え方って、難しいですね。



興味を持たれた方は、是非お読みになってみてください。お子さまだけでなく、私たち大人も驚くことや、新たな発見がある絵本です。





いよいよ明日から「令和」の時代が始まります。日本国民にとって、明るく穏やかな時代でありますように。


 

 札幌で受験や幼児教室をお探しなら新さっぽろ英才幼児教室


0 comments

非公開コメント