FC2ブログ

生きる力を育む 《小学生のチャレンジ》2



challenge 10

 
前回の続きです。



challenge 9
 


H君のチャレンジ報告。


おつかいに頼まれたものは、ホテルのパンとあるスーパーの売り出し広告に出ていた真だこ。そし

て、ケチャップと牛乳です。場所が書かれた地図も、もらいました。


challenge 11 

「行ってきます!」


ワクワクして、教室を出発しました。


challenge 12 


   あっという間に、その姿ははるか向こうに消えていきました。







どのくらい時間が過ぎたでしょうか...。



challenge 13 


両手に袋を持って、帰ってきました。



challenge 14 


パンと牛乳...。


challenge 15 




ケチャップと、広告に載っていた真だことはちょっと姿が違うタコですが、ちゃんと買ってくることが出来ました。




face  ちょっと話をきいてみました。


 おつかいを頼まれた時、楽しみでうきうきした気分で教室を出た瞬間、何も考えずに一目散にホテルを目指した。ホテルに入る時ちょっと緊張したが、パン屋さんの店員さんにメモを見せた。頼まれたうちの一つは品切れで、一つしか買えなかったがおまけでパンを一つもらった。

 次のスーパーに行くため、ホテルを出て自分の勘で左に歩いた。どんどん歩いたけど、めざすスーパーが見つからない。時々行く家電量販店の近くまで行ったが見つからない。「違う。」と思い引き返した。

 駅の方まで戻ってきたら、知っているスーパーを見つけたので、「ここならある!」と思って中に入り残りの買い物をした。(ケチャップ、牛乳、タコ)


《感想》

楽しかった!パン屋さんでおまけをもらえてうれしかった。スーパーが見つからなくて困ったけど、泣きはしなかった。大丈夫だと思った。





話を聞いて、色々大変だったことが伝わってきました。道中数々のアクシデントがあり、その都度自分で考え判断していたこともわかりました。地図や広告を持っている事を忘れていたことや他人に尋ねてみるなど、チャレンジしてほしかったことはありますが、一人で成し遂げたという素晴らしい体験ができました。この体験を次に活かしたほしいと思います。











 


 

 札幌で受験や幼児教室をお探しなら新さっぽろ英才幼児教室


0 comments

非公開コメント