FC2ブログ

協力してやりましょう。


近年の受験では、行動観察が重視されるようになりました。ペーパー試験の対策は、皆さんご家庭でなされていますが、行動観察の対策はご家庭だけではなかなか難しいようです。行動観察では、育ってきた環境、ご家庭での躾、お子様の性格など、お子様の素の姿が出ますので、一夜漬けでどうこうなるものではありません。


kyouryoku 1


行動観察には色々な形があり、受験でどのようなテストが出題されるかは、わかりません。どの様なテストにも対応できるよう、日頃の生活の中で練習しておきましょう。


kyouryoku 2 


数種類のパズルのピースを混ぜて一か所に置き、グループに与えられたパズルの板を協力して完成させる行動観察の様子です。各チームで作戦を考えてから始めました。

kyouryoku 3 


最初は協力の意味が分からず、一人で黙々とやる子、ただ見ている子など、テストではチェックされてしまう生徒もいましたが、先生からのアドバイスを受けると、生徒たちの動きに変化が現れました。

kyouryoku 4 


リーダーシップを発揮する生徒が現れ、ピースを集めて来る係り、はめ込む係りと役割分担をして、作業を進めるチームが出てきました。


kyouryoku 5 



kyouryoku 6  



無言で作業をしていたチームも、お互いに会話が出るようになり、チームでパズルを仕上げていくようになりました。


kyouryoku 7 


kyouryoku 8 


二人一組 でやったパズルでは、相談しながらの作業。


kyouryoku 10 


kyouryoku 9 


共同作業は苦手なお子様もいますが、苦手というより何をしたらよいのかが分からないようです。自分以外の他人と、どのように関わっていけばよいのか分からないのです。これは経験を積み重ねながら、学習していくしかありません。ですから、行動観察の対策は、一夜漬けでできるものではないのです。

 

 札幌で受験や幼児教室をお探しなら新さっぽろ英才幼児教室



0 comments

非公開コメント