FC2ブログ

たんぽぽ


tanpopo 12 


子供たちにとって、一番身近な植物と言っても良い「たんぽぽ」

「たんぽぽ」を、もっとよく知ろうと、絵本を使って学習をしてみました。


tanpopo 1 


絵本を見ながら、「たんぽぽ」の新たな発見がたくさんありました。例えば、「たんぽぽ」は毎日咲き方が違っていて、3日間しか咲いていない。しぼむとピンと立っていたのが、だんだん倒れていくが、綿毛が完成してくると、また立ってくるなど、たんぽぽの不思議をまなぶことができました。

tanpopo 2 


生徒たちが「え~っ」と、1番驚いたのは根の長さ。


tanpopo 3 

「こ~んなに、長いんだって!!」


実際に外に出て、掘ってみることにしました。


tanpopo 4 


2人一組になって、掘り出します。


tanpopo 5 


tanpopo 6 


tanpopo 8 


やっぱり根は長いようで、なかなか掘り出せません。


途中で切れてしまいましたが、それぞれ掘り出したようです。


tanpopo 7 


tanpopo 9 


tanpopo 10 


tanpopo 11 


tanpopo 19 


たんぽぽの根は、土の中をずーっと張っていて、本当に長かったです。


ico-tanpopo



tanpopo 13 


教室に戻り、花の仕組みを確かめました。


tanpopo 15 

花を一つずつ採り、並べて行きます。


tanpopo 14 


たんぽぽは、「舌状花」と呼ばれる200個ほどの小花の集まりです。それを一つ一つ並べていくのは、すごく大変な作業です。皆の顔は、真剣そのもの。


tanpopo 16 


綿毛の花も、観察しています。


tanpopo 18 


生徒たちは、絵本で見たのと同じ仕組みになっていたことを、実際に調べることが出来、大喜びでした。


tanpopo 17 


「綿毛が、ぼくの手にとまったよ!!」



今まで、ただ何となく見ていた「たんぽぽ」ですが、たんぽぽの仕組みや不思議を知ることが出来、きっとこれから「たんぽぽ」を見る目が変わるのではないでしょうか。








 

 札幌で受験や幼児教室をお探しなら新さっぽろ英才幼児教室

0 comments

非公開コメント