FC2ブログ

日の丸



毎日熱戦が繰り広げられていたソチオリンピックも終了し、毎日の寝不足からやっと解放された方も多いのではないでしょうか。日本選手の活躍に、思わず涙する日もありました。若い世代の選手から、レジェンド葛西の活躍など色々なドラマがありましたね。特にジャンプ競技に於いては、41歳の葛西選手の銀メダルや、難病と闘いながら団体戦でメダルを獲得した竹内選手など、感動と共に人生諦めてはいけないことを私達に、教えてくれました。


皆様のご家庭では、オリンピックをどの様に観戦されていたでしょうか。4年に1回のオリンピック。(現在では、夏と冬を分けたため2年ごとのオリンピックを観戦することができますが...。)競技の観戦だけではなく、お子様の学習の教材として利用してみませんか。


hinomaru 1 


教室での学習に「世界の国旗」を、取り入れていました。

年少・年中の中には、「国旗」という存在を知らない生徒もいました。

皆が選手を応援のため振られている日の丸も、単なる旗としか見ていなかったようです。

hinomaru 2 

今回の開催国、「ロシア」

ロシアのソチとは、どこに位置しているのでしょうか?

ソチの場所を、このオリンピックで知った方も多いことでしょう。

教室の生徒たちも、宿題で調べたことで、初めて知りました。


hinomaru 3 

日本の日の丸と、ロシアの国旗を描きました。

上から、白・青・赤の順番に並んだ旗です。

似たような、国旗の国もありますね。

hinomaru 4 


hinomaru 5 

国旗は、その国のシンボルです。

描かれている模様にも、それぞれ意味があります。

日の丸は、日の出の太陽を象徴 している。白は「神聖・純潔」、赤は「博愛・活力」を表しています。

hinomaru 8 


出来上がった「日の丸」を振って、「がんばれ、ニッポン!」


hinomaru 7



hinomaru 6 



国旗に興味を持たれたお子様は、世界の色々な国旗を見せてあげましょう。あまり関心のないお子様でも、自国の日の丸や、見る機会が多い「アメリカ」「イギリス」「ドイツ」など、何かの機会に教えてあげましょう。夏には、サッカーのワールドカップがあります。オリンピックほど参加国が多くはありませんが、また世界の国旗をみにする機会がありますので、国の名前・位置する場所などを地図上で確認してみてはいかがでしょうか。


 

 札幌で受験や幼児教室をお探しなら新さっぽろ英才幼児教室



0 comments

非公開コメント