FC2ブログ

ちょっと、ひと工夫を




生徒の親御さんから、「家でプリントをするのを嫌がります。どうしたらよいのでしょう。」と、聞かれることがあります。「ある、ある。」と、うなずかれていらっしゃる方も多いかと思います。プリントや問題集を何枚も何枚もただやっているだけでは、お子様だけでなく、誰もが飽きて嫌になってしまいます。


勉強は楽しくなければ、効率も上がらず、頭にも入っていきません。特に幼児期の学習では、学ぶことの楽しさ、おもしろさに気づかせせるためにも、ひと工夫を入れながら楽しくお勉強していきましょう。


panda 4 

例えば、上の写真のプリントは、「もとのパンダの絵にするには、どれとどれをくみあわせたらよいでしょう。」という、組み合わせの問題です。これは、簡単な問題ですが、実際にそれぞれを切って、パズルにしてしまいます。綺麗に切るハサミの練習にもなり、集中力も必要になります。


panda 5 

パンダの顔を作ります。

panda 1   


子どもは、パズルが大好きです。遊び感覚でどんどん出来あがってきます。

panda 2  

パズルで遊んだ後に、もう一度先ほどのプリントをやってみると、自分の力でスムーズにえんぴつが動き出します。出来た時には、「すごいね。」 「がんばったね。」などの、お褒めの言葉を必ずかけてあげてください。褒められたことにより、お子様に自信と意欲が湧いてきます。



プリントなどは、問題だけにとらわれず、色々なことに活用できますので、ご両親のアイデアで工夫を凝らした楽しい学習をしてみてください。お勉強好きのお子様に育てるには、ご両親のアイデア次第です。

 

 札幌で受験や幼児教室をお探しなら新さっぽろ英才幼児教室