FC2ブログ

詩の暗唱

 

roudoku

 


短い詩の暗唱をしました。
頭の中に背景を想像しながら何回も詩を朗読し、最後に紙を見ないで暗唱する練習です。
どうしても一ヵ所だけ憶えられずに苦労していた生徒が、途中、涙を流す場面がありました。憶えられないことがくやしくて涙が出たそうです。この「くやしい」という言葉を聞いて、とても心が動かされました。
短時間で詩を憶えた生徒たちの能力も立派ですが、憶えられず「くやしい」と思った生徒も、それに負けず劣らずすばらしいと思います。


人は日々の生活の中で、泣いたり、笑ったり、怒ったり、さまざまな感情を持ちます。以前読んだ、脳科学者の茂木健一郎さんの著書に「感情を豊かにすれば脳の適応力が鍛えられる」と書いてありました。「泣くという行為は、危機から発して何かが生まれる最大のチャンスでもある」とも。
今回、なかなか詩をおぼえられなかった生徒は、「くやしい」と感じて泣いたことで、「ぜったいに憶えてみせる」という強いパワーを持ったのでしょう。できないからといって放り出さず、つらいけどもう少しがんばってみようという意志がこの子を前進させたのだと思います。


子どもたちだけではなく、大人の私達も、日々、泣いたり、笑ったり、怒ったり・・・感情を豊かに表す生活を送りつつ、脳に磨きをかけていきたいですね。



札幌で受験や幼児教室をお探しなら新さっぽろ幼児英才教室

 

0 comments

非公開コメント