FC2ブログ

せかいのパン ちきゅうのパン

pan 


『せかいのパン ちきゅうのパン』という、絵本をよんで いつも皆が食べている 「パン」 について勉強しました。

絵本のはじめに、「あなたは、はたけでパンができているのをしっていますか?」とかかれていて、生徒たちは、「え~っ!」と目をまるくして驚いていました。パンの原料の小麦が畑で作られているということですよね。でも、小麦からすぐにパンができるわけではなく、小麦の実だけを取り出して、つぶして粉にしてからパンは作られていくのです。パンが作られて、おいしく食べられるまでには、たくさんの時間と作業によって作られているのです。


pan2 


大昔から、いろいろな手法で 「パン」は作られていました。今では、文化も進み機械でとても早く、たくさんの小麦粉を作ることができるようになりました。でも、同じ小麦粉でも育てる場所によって、味や色、ねばりけなどが違ってくるそうです。ですから、その国によってできる小麦粉が違うので、パンの味が変わってくるそうです。イーストを入れて焼くとふわふわパンになったり、小麦粉の代わりにライ麦の粉を使うと、こげ茶色のパン(くろパン)になったりするそうです。


インドの「ナーン」,フランスの「クーペ」,スイスの「ライ麦パン」,ドイツの「プレッツェル」,イタリアの「ピッツァ」,アメリカの「ベーグル」...などなど、たくさんの国のパンの名前も覚えました。



パン屋さんでみつけた、色々な国のパンを皆で味わってみました。

 

pan3 


pan4 


「パンには、いろいろな種類があるんだね!」という感想とともに、少し、「パンはかせ」になれた気分で、おいしいひと時を過ごしました。


pan5

 

 

 札幌で受験や幼児教室をお探しなら新さっぽろ幼児英才教室


         

0 comments

非公開コメント