FC2ブログ

2010年10月の記事

『ひとつおき』にぬりましょう

『ひとつおきに、ぬりましょう』という、おもしろい学習です。   『ひとつおき』という言葉が出てきました。「連続して並んでいるものを一つずつとばしたり省いたりすること」です。今回の学習は、『一つおきにぬりましょう』ということで、プリントにある1152個のマス目を上下左右ぬったマス目が重ならないように一つおきにぬっていきます。少しでも油断してしまうと、隣と続いてしまったり上と重なったりしてしまいます...